早めに妊娠線をケアすることが大切!予防効果の高いものを選ぶ

妊婦

妊婦の7割にできます

妊婦

他人事ではありません

初めての妊娠の時には、心配で色々そろえたり、少しでも良い状態で出産できるようにと一生懸命準備をしたのに、2回目以降の妊娠では何とかなるという気持ちになる人も多いのではないでしょうか。確かに、上の子の育児をしながら迎える2人目以降の妊娠は、毎日の忙しさも違いますし、心の余裕があるのも事実です。あまり知られていませんが、一人目の妊娠よりも2回目以降の方が妊娠線ができやすくなっているため、2回目以降の方がより一層のケアが求められるのです。一人目の妊娠の時に一度皮が伸びているにもかかわらず2回目以降の方が妊娠線ができやすいのは、お腹が大きくなるペースにあります。経験した方は実感できることですが、一人目の時は妊娠後期にはどんどんお腹が大きくなる感じがありますが、2人目以降の妊娠ではもっと早い段階からお腹が大きくなるため、妊娠線もできやすくなるのです。妊娠線の対策は保湿ケアが一番であるため、妊娠線予防クリームなどをお風呂上がりに塗り込むだけでもいいので、5か月を過ぎたら毎日の習慣として取り入れていきましょう。クリームだけでなくオイルもあるので、自分に合った製品を見つけていくとよいでしょう。体重の増加が大きい人は、お腹だけでなくヒップやバストなどにも同じようにケアをすると安心です。妊娠すると香料が苦手になることもあるので、前もってクリームを準備する場合は、無香料のものを選んでおきましょう。