早めに妊娠線をケアすることが大切!予防効果の高いものを選ぶ

妊婦

太りすぎず代謝をよくする

レディ

食事と運動の大切さ

妊娠線を予防するのに必要なのは、急激に太るのを阻止することにあります。妊娠線クリームを使用してもできてしまった人は、それ以上に体重増加が激しく、お腹が大きくなるスピードが許容量を超えているからです。太ももや二の腕、胸にお尻など、各所にでき始めたら要注意です。妊娠中にはどうしても脂肪を蓄えるよう指示するホルモンが分泌されるので、妊娠線ができやすい状態になるのは仕方がないことです。予防するために、食べ過ぎないことが必要ですが、そのためには栄養バランスを整えてあげることが一番です。栄養バランスを整えると、お肌のバリア機能も上げることができますし赤ちゃんにもいいです。タンパク質はやビタミンCはコラーゲンの元となってくれます。かぼちゃやナッツ類に含まれるビタミンEは皮脂分泌を促してくれます。粘膜を強くしてくれるビタミンAは風邪などの予防にもなりますし、肌の柔軟性を高めてくれる葉酸は胎児の成長にも必須です。納豆に含まれるポリグルタミン酸は肌に膜をつくり保湿因子を増加させてくれます。栄養をまんべんなく摂ることで肉割れを起こさない状態へと導けます。運動も大事です。妊婦の場合、マタニティ用の水泳やウォーキング、マタニティヨガなど適度な運動をするようにします。新陳代謝を活発化して肌のターンオーバーをしやすくし、皮下脂肪を減らし筋肉をつけておくことで皮脂が伸びるのを手助けすることができます。体温も高い状態にすれば低い状態よりもより血行が良くなり、妊娠線の予防になります。