早めに妊娠線をケアすることが大切!予防効果の高いものを選ぶ

女性

最期まで気を抜かないで

クリーム

継続が大切です

急激な体系の変化に皮がついていくことが出来なくなったために生じる妊娠線は、女性にとっては「頑張って赤ちゃんを産んだ証」と笑えるものではないのではないでしょうか。いくら普段人から見られる場所ではないとしても、出産後は妊娠前と同じ状態に戻したいというのは多くのお母さんたちの願いと言えるでしょう。妊娠線ができる理由は、お腹が大きくなるにつれて表皮は一緒に伸びていくことが出来る反面さらに深層にある真皮がその変化についていけなくなることにあります。予防方法としては、急激な体重増加を抑える事と、肌の保湿をこまめに行っていく事が中心となってきます。妊娠線予防効果のあるクリームやオイルなども数多く販売されているため、自分に合ったものを選んでケアしていく事が大切です。ケアを始める時期としては、お腹が大きくなり始めてから出産まで日々の習慣としてこまめに行っていく事が望ましいです。一番妊娠線が出やすいのは急激に胎児が育つ妊娠後期ですが、元々小柄な人や経産婦さん、多胎妊娠の人などは妊娠線ができやすいため早めにケアを開始することが望まれます。また、アトピーがあったり、乾燥肌の人も妊娠線のリスクが高いといわれているので、保湿を中心に全身のケアをしていくと安心でしょう。妊娠線予防クリームを選ぶ際にも、配合成分や安全性などこだわりたい部分もいろいろありますが、数か月にわたって毎日使用していきたいものであるため、価格面も無理のない物を選ぶことが大切です。

体重のコントロール

化粧品

妊娠線を予防するために最も大切なのは、体重のコントロールと保湿です。保湿ケアをしっかりと行っていれば、万が一妊娠線ができてしまった場合でも、肌の負担を最小限に止めることができます。さらしやコルセットなども有効です。

妊婦の7割にできます

妊婦

あまり知られていませんが、妊娠線は初めての妊娠よりも2回目以降の妊娠線の方ができやすいといわれています。その理由は、お腹が大きくなるのが2人目以降の方が進みやすいためです。このため、早くからのケアが望まれます。